【SEO対策】コンテンツマーケティングとは?戦略の考え方と成功事例の紹介

コンテンツマーケティング SEO対策

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングの特徴

コンテンツマーケティングは、適切なタイミングで、適切なコンテンツ内容をユーザーに届けることが重要になります。

従来型の広告とコンテンツマーケティングの違い

従来型の広告は、企業からユーザーへ一方向に向けた発信でした。
コンテンツマーケティングは、「企業が発信したいコンテンツ」と「ユーザーが知りたい情報」をコンテンツで繋げます。

ユーザーは知りたい情報をコンテンツにまとめてくれるサイトという認識を持つようになります。
企業は提供できる情報でユーザーと良好な信頼関係を構築しながら商品やサービスを提供できます。

コンテンツの考え方

ファクト型のコンテンツ

ファクト型は、数値化・比較・比喩によって分かりやすさに重きを置いたコンテンツです。

  • 数値化する手法は、調査データや統計データを駆使してコンテンツの説得力を引き上げます。
  • 比較する手法は、競合するものと比べて優劣をつけて丁寧に見せます。
  • 比喩を使った手法は、複雑で分かりづらい説明を身近なものや事柄にたとえて理解を促すコンテンツです。

オーソリティ型のコンテンツ

オーソリティ型は、専門家や監修者に協力してもらうタイプのコンテンツで、E-A-T(専門性・権威性・信頼性)を高めることにも繋がります。

自社内の有資格者の解説コラム、外部の専門家が監修するコンテンツなどがオーソリティ型になります。

専門家や監修者を紹介する際は、3つの注意点を心掛けます。

  1. 画像・経歴・保有資格を記述して紹介
  2. 専門家や監修者のWebページにリンクを貼る
  3. 構造化データで正しくマークアップ

お客様の声型のコンテンツ

お客様の声型は、お客様の声を掲載したコンテンツです。
お客様の悩みと商品やサービスで解決した事例までは、よく見かけます。

あえて前のタイプの商品で解決できなかった厳しいクレームを掲載して、
新しい商品で解決できたという見せ方もお客様の声を使ったコンテンツです。

写真や名前の掲載許諾があれば、
他のユーザーの方々からも「本物のお客様の声なんだ」と思ってもらえます。

写真や名前の許諾を得られない場合は、
「よくある声」「よくあるお問い合わせ」で紹介すると良いでしょう。

ユーティリティ型のコンテンツ

ユーティリティ型は、ユーザーが便利なサイトやアプリを利用することで情報にアクセスできるタイプのコンテンツです。

条件を選択して該当する情報を提示できる機能があれば、ユーザーにとって便利です。

チェックボックス・ラジオボタン・プルダウンを使って、
ユーザーが求める情報に早く到達するよう促す手法は、よく見かけます。

コンテンツマーケティングの考え方

エデュケーショナル型のコンテンツマーケティング

エデュケーショナル型のコンテンツマーケティングは、ユーザー側で認知が広まってなかったり、まだよく理解されていないことを、説明するコンテンツです。

エデュケーショナル型のコンテンツマーケティングは、
技術進歩が日進月歩のスピードで進む業界・分かりづらい仕組みや用語が多用されている業界などで、よく使われている手法です。

「〇〇大学」や「〇〇業界用語辞典」といったサイト名が多く、
サジェストキーワードで出てくる「〇〇とは」で高い検索順位を獲得していることが多いです。

コンテンツSEO

コンテンツSEOのメリット

コンテンツSEOは、購買ファネル別にコンテンツを用意する手法です。
自然検索からの流入を目指します。
非認知・認知段階などの潜在ニーズから、成長し購入・利用段階の顕在ニーズまでの幅広いコンテンツ制作となります。

自社のコンテンツになるため、資産化が可能です。

コンテンツSEOのデメリット

コンテンツSEOは、即効性がありません。
長期的にユーザーと向き合う施策になります。

また、サービス内容の変更、業界事情の変化、
より良い情報の提供が可能になれば、リライトが必要です。

コンテンツSEOと間違われるコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、メディアを問わない手法です。
動画やSNS、Web広告からも流入を目指します。
コンテンツSEOと比べて、比較検討から購入・利用決定段階までの顕在ニーズに寄った施策になります。

自社のコンテンツにならないため、資産化ができません。

コンテンツSEOの検討手順

  1. 認知・検討・購入決定までの購入ファネル別に検索キーワードを調査
  2. 検索意図を理解し、検索キーワードを決定します
  3. 認知段階に寄る程、テーマが増えるため、検索キーワードが増えると共にロングテールキーワードを狙いやすくなります
  4. 競合するコンテンツの分析を行い、テーマと検索キーワードを決定します

ネイティブ広告型コンテンツマーケティング

ネイティブ広告型は、潜在的なニーズを掘り起こす手法です。

AntennaやGunosy、キュレーションメディア、
リスティング広告、アプリ内の広告、Twitter広告、Facebook広告などが対象になります。

おもしろコンテンツ型コンテンツマーケティング

おもしろコンテンツ型は、多くの人が興味を持つバズるコンテンツで商品情報に繋げます。

YouTubeで言えば「やってみた系」が典型的です。

何かを壊してみたり、商品を分解してみて、
批評し、その業界に詳しい人間になって見せるのもよく見られる手法です。

タイトルとURLをコピーしました